認知症にならないための3つの約束 ごぼう(牛蒡)について書いてみた。

認知症にならないための3つの約束

  1. 食事
  2. 睡眠
  3. 運動
  4. おまけの歯磨き

と前回書いてきたが今回は具体的な食材として

牛蒡 ごぼう ゴボウ

について書いてみた。

トイレはよく出ていますか?

ここのところ、少し便秘気味であることは間違いがないのですが毎日の習慣のちょっとした乱れがあると落ち着かないしなんとなく気分がすぐれない。

原因を調べてみても「これだ!」とすぐに思い当たるものが出なかった。

季節の変わり目ということもあるのかもしれない。

季節の変わり目といえば花粉症、、、

これは毎年のことだからなんとなく不快症状はあるが花粉症の薬でも便秘になる可能性はあるがどちらにしても

すっきりしたい。

かといって薬に頼りたくないし、、、

便秘には食物繊維だ!

食物繊維が多く含まれているもので誰でも知っている食材といえば

食物繊維の多い食品
  • 穀類 玄米胚芽麦めしとうもろこし
  • 豆類 煮豆(大豆、うずら豆、あずき) 納豆おから
  • 類 さつまいも里いもこんにゃく
  • 野菜 ごぼうふきセロリアスパラガス青菜キャベツ白菜
  • 果物 柑橘類(みかん、グレープフルーツなど) バナナうり類
  • きのこ類 しいたけしめじえのき
  • 海藻類 わかめ寒天ところ天

などと調べれば沢山あります。

誰でも知っている

サツマイモ、玄米は代表格ですね。

根野菜は意外と種類も多く手に入りやすい食材だ。

食物繊維には

水溶性と非水溶性がある。

???

水溶性って何だろう???

水溶性食物繊維
水に溶け、食品の水分をゲル状にします。粘性があり、野菜や果物、海藻類などに多く含まれます。
粘度が高く、胃から小腸ヘの食べ物の移動がゆるやかになるため、ブドウ糖の吸収速度を抑えることができ、食後の血糖値の急激な上昇を防ぐことができます。また、コレステロールを原料につくられる胆汁酸を吸着し体外への排泄したり、コレステロールの吸収抑制作用、動脈硬化の予防、腸内でのナトリウムイオンとカリウムイオンの交換反応により、食塩のナトリウムを排泄させ血圧を下げる働きなど生活習慣病予防に効果があります。

非水溶性ってなんだろう?

不溶性食物繊維
水に溶けず、水分を吸収する食物繊維です。植物の皮や筋に多く含まれ水分を吸収すると、数倍から数十倍もの容量になり、腸壁を刺激して腸の運動を活発にさせ、食べ物の残こりを体外へ排出しやすくさせます。便の量が増えるということは、便秘の予防だけでなく、発がん性物質の濃度を薄くする働きもあるため、大腸がんの予防効果もあります。
さらに、排便回数が多くなることによって、農薬や食品添加物、発がん性があるといわれているダイオキシンなどの有害物質を排除し、体の中からきれいにしてくれる成分です。
 また、咀嚼回数が増えるため、早食いの防止にもなり、胃の中の滞在時間が長いため、満腹感が得られ、肥満防止に役立ちます。

今回は牛蒡に挑戦してみた。

ごぼうの食感や香りが独特だけれど、根菜類の中ではわりとなじみ深い食材で早速、近所の八百屋に行ってきました。

ただこの時期はあまりいいものが出回ってなく季節の野菜としては暮れに多く出回っているらしい。

お正月の食材としては八幡巻きや昆布巻きなどに使う事もあるし出回るのだろうかな。

青森産がおすすめのようだ。

太くてまっすぐで調理しやすい、何といっても牛蒡の独特の味と香りがあるような気がします。

切り牛蒡は袋に詰めて売っているがなんとなく買う気になれなかった。

日本に伝わったきっかけは、中国から薬として伝来したことによる。伝来後、日本人がごぼうの香りを気に入ったことから、野菜として食べられるようになっていった。現在、ごぼうを野菜として食べているのは日本と韓国、そして台湾のみのようだが、日本食ブームの到来によって、フランスでもごぼうが食べられるようになってきたといわれている。

牛蒡って世界中で食べるもんではなかったんだ。

ごぼうに含まれる栄養成分

  • 食物繊維   ごぼうといえば、何といっても食物繊維が豊富で有名だが、食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維がある。ごぼうに含まれている水溶性食物繊維のイヌリンという成分が大腸の運動を活発にしてくれ、便秘解消や大腸がんの予防、血糖値を下げる作用があるといわれている。

 

  • 炭水化物   炭水化物の代表的なものにはご飯やパンなどがあるが、ごぼうに含まれる成分は糖質と食物繊維で構成されているということになる。糖質は人間の体内に吸収されてエネルギー源として利用されている。だから、朝ご飯をきちんと食べない人はエネルギーが不足して疲れやすくなってしまう。ごぼうに含まれるイヌリンは食物繊維だが、腎臓の機能を高める作用があるといわれている。

 

  • アルギニン  ごぼうはアミノ酸の1種であるアルギニンを多く含む。アルギニンは精力増強に役立つといわれ、性ホルモンの分泌を促進し、男性の機能向上にも役立つといわれている。また、新陳代謝と美肌にも効果があるといわれている成分だ。

 

  • たんぱく質   たんぱく質は炭水化物と脂質とあわせて3大栄養素と呼ばれている。たんぱく質は主にアミノ酸によってできていて、人間の身体を構成するために、アミノ酸を摂取するのは不可欠だといわれている。特に体内で合成できない必須アミノ酸は、食事から摂取する必要がある。良質なたんぱく質を摂取するには、肉や魚などの動物性食品と小麦、大豆などの植物性食品をバランスよく摂取する必要がある。

 

  • リグニン
    ごぼうに含まれる不溶性食物繊維であるリグニンは、コレステロールを減らす働きがあり、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞などを予防してくれる効果もあるといわれている。

  • カリウム   カリウムは、ナトリウムを排出してくれる作用があり、血圧を下げる働きがあるといわれている。

 

すごい、栄養と成分に申し分ないじゃないですか!!

認知症にならないための食事にのおかずにぴったし。

といっても毎日食べるのって大変だと思う。

まいにち、部屋中をおしりから吹奏楽団ではちょっとな?

おしりからホルン、、、って (笑) シャレになってはいるけど、、、

ごぼうの花って知っていました?

すごくきれいでこれがごぼうの花?

普通見るゴボウはただの泥の付いた細めの棒ですよね。

 

ところが花はなんと一瞬、アザミかと思いましたがこんなに綺麗な花が咲くのを初めて知りました。

それに花言葉まであるんなんて、、ますます、ごぼうにのめりこみそうです。

牛蒡は

ゴボウにはポリフェノールであるクロロゲン酸が豊富に含まれている。クロロゲン酸は、ゴボウを水にさらしたときに出てくる茶褐色の成分であり、コーヒーにも含まれ、抗酸化作用がある。ゴボウを長く水にさらすとクロロゲン酸が失われてしまうので、「皮はむかない」「水にさらさず、すぐ調理する」「大きめにゴロンと切る」ことがゴボウ調理の三大新常識となっている[6]

ゴボウは、食物繊維、特に水溶性食物繊維が豊富であり[1]イヌリンが水溶性食物繊維の主体を成している[7]。また長期冷蔵すると、このイヌリンが分解され糖化することで甘味が出るという[8]

なお、アザミの根もヤマゴボウ[9]キクゴボウ菊ごぼうという名前で食されることがある

ウイキペディアより抜粋

やはりアザミ科の植物なのか?

結局まとめてみると身体に美味しくて、良い成分がたくさん含まれているということです。

こんな美味しくて健康に良い野菜がたくさんあるこの国はいまさらながらすごいなと思います。

飽食日本といわれているけれどこういう昔からある食材を使ってしっかり調理してお母さんの味、お父さんの味,婆さんの味を伝えていきたいものだと思いますね。

ごぼうは長寿の源といっている医学界の先生がいました。

確か南雲先生

1955年生まれ。1981年3月、東京慈恵会医科大学を卒業する。東京女子医科大学形成外科にて研修する。癌研究会付属病院外科に勤務する。東京慈恵会医科大学第一外科乳腺外来医長に就く。1990年より医療法人社団ナグモ会理事長。医学博士である。

確かに彼は60歳を過ぎているけれどとっても元気で素晴らしい。

彼も毎日牛蒡の恩恵にあずかっているようなことをテレビの中で言っていたのを思い出しました。

牛蒡茶を飲んでいるようなことを言っていました。

 

腸の動きが活発になれば自然と出ていくものと入ってくるものとのバランスがとりやすいのではないだろうか。

腸は栄養を吸い上げていく器官の一つだから特に小腸は、、、(そのわりにセンマイは味がないけれど)

僕もその先生の真似をして牛蒡茶なるものを購入してきました。

たまたまコストコへ買い物に行ったときパックのお茶を売っていたので買ってきました。

これは結構、香ばしくて美味しい。

今毎日これをポットに入れて飲んでいる。

確かに、飲んだその翌日からはなんとなく調子がいい気がする。

牛蒡のえぐみはあまりないので飲みやすく、カフェインもないので刺激も少なくとてもいい感じがする。

認知症にならないための日ごろの努力は怠ってはいけない!

若い人にとっては認知症などは無縁かもしれないが認知症のいろいろな文献や医学的な知識を膨らませていくと、やはり日ごろの平常心と均衡はどうしても避けられなくなってきた歳になりつつある。

遺伝という一説もあるがそうばかりではないようだ。

僕自身はお酒も飲むし甘いものも食べるし間食もするがやはり以前と違って少し量を減らしながらおなかを満たしている。

最近、喫煙もほとんどしなくなった。(決して禁煙をしたわけではないが、、、節操のない私ですが。)

明日のために今日をしっかり生きることを自分の中で誓いながら、、、

 

シェアして頂けると僕の励みになります。

ABOUTこの記事をかいた人

posiposilife

outdoor好きのバイク乗りです。行動することが好きです。 じっとしていられない悪い性格でおっちょこちょいなところもしばしば。 キャンプ、釣り(Fly Fishingがとくに好き) どうしても「なんでだろう?」が頭の中でよぎると調べたり体験したりと忙しい毎日を送っています。 勉強はとっても大好き! 本郷で写真のスタジオを20年やっています。 最近始めたブログから役立つことや興味深かったこと、写真の事などを書いていきたいと思っています。