写真日和り

 

ここのところ写真を撮る人が随分増えた。

自分としては嬉しいことだ。

写真はフィルムの時代から記憶メディアで記録されるというよりは記憶されて消えていく感じがしないでもない。

写真を焼いて思い出として幾数年、何十年という歳月を経て懐かしくアルバムをめくるという機会も減ってパソコンやその他の小型デバイスなので見せ合ったりする方が多いのだろうか、共有とでも言うのだろうかそういう機会の方が多いきがする。

フィルムのような色が変わってしまったり傷が付いたりというような不安がなくなった。

かといって全ての不安がなくなったわけでもないが。

何十年という写真生活を送ってきて人によく聞かれることがある。

  • 「写真が上手になりたい」
  • 「どうしたら上手くなれますか」
  • 「どうしたら綺麗に撮れますか」

よく聞かれることがある。

写真がこれだけ簡単に撮れる時代だからこそどこかピリッとした写真が撮りたくなるのも無理はない。

僕なりに考えた写真教室を発信してみようと思うことにした。

講座内容はこれから仕組んで行くけれど簡単なコツくらいならば僕でも教えることができると思う。

写真を撮るために最低限必要な豆知識を書いていこう。